株式会社花十番

ごあいさつ

食べること−−。人間にとって毎日の生活の中で、欠くことの出来ない行為である「食」は、生活水準の向上によって、もはやただ単に空腹を満たす、という目的だけではなくなっています。 外食はもちろん、家庭のメニューバリエーションも広がり、グルメ時代と言われている現代において「食」は、目で楽しみ、舌で味わい、なお精神も満足させることが要求されています。 私たち協和食品株式会社は食品を提供する立場から、経済学・栄養学・味・色合い・盛り付け・新鮮度など、総合的な見地で「食」を考え目にも舌にも心にもおいしく健康的なメニューを研究しております。 そして皆様により安全で健康的な「食」を提供するために、PL法(製造物責任法)及び食品衛生法(改正)、さらに衛生管理を一層躍進させる目的で、新衛生・品質管理手法の「HACCP」(危害分析重要管理点)方式を導入しております。 毎日の食べ物の種類は確かに多くなりました。しかしながら今日、食べることを通じて本当の心の豊かさまで求めるのも、当社の願いです。また現代日本の大きな問題でもある高齢化時代に備え、 健康・医療の面からも食品の重要性を検討し、薬と食品の中間的存在である機能性食品の開発にも力を入れています。めざましく変化していく社会において、「食」を通してどの様に社会に貢献していけるか−−。 協和食品の大きなテーマです。

おしらせ

2011/7/19
ホームページ新規開設